発酵食品

酵素ダイエットと聞くと、野菜や果物というイメージがありますが、発酵食品も酵素ダイエットに取り入れられています。
味噌、納豆、しょうゆ、漬物などは発酵食品として一般的な食べ物です。
食材を発酵すると酵素や菌などが働き、体に良い成分を作り出します。
でんぷんや糖分、タンパク質に分解されていきますが、そうすることで旨味成分を生み出すことが出来ます。
さらに、美味しく食べることができるだけでなく、菌の働きにより腸内の環境を整え、血液の流れも良くする効果もあります。
発酵させることでダイエットを成功させるための要素を作り出すことができ、健康的な体に作り上げることができるのです。

発酵食品を摂取することで消化の働きが良くなり、腸内の環境も整える効果があります。
一般的に食事をする際、体に摂り入れた後に消化作業が行われますが、発酵食品になると消化された状態で体に摂り入れることになります。
食材を発酵すると、微生物が食材を消化した状態を作るため、体に摂り入れた際、消化にエネルギーを使うことが少なくなるのです。
また、腸内環境を整える効果もあります。
発酵食品には、腸内環境を整える善玉菌が多く含まれているため、腸内の悪い物質の増殖を抑える働きがあります。
また、発酵食品に存在している微生物は病原体から体を守るため、細胞を活発にさせるとも言われています。
発酵食品はダイエットだけでなく、病気からも体を守る効果もある食品なのです。